売れる人と売れない人の決定的な違いとは

CS(顧客満足度)・客単価・成約率を高めてファンを増やす

顧客に選ばれ続ける人だけが知っている行動習慣

同じ商品を扱っているのに、なぜ売れる人と売れない人に分かれるのか?
本セミナーでは、”売れる”セールスマインドからセールススキルを紹介します

ABCマートで学んだ「売れる人」と「売れない人」の決定的な違い

同じ商品を扱い、同じ場所(店・商圏)で働いているにも関わらず、売れる人と売れない人に分かれるのはなぜか?

あなたの会社にも同じ条件でも、売れる人と売れない人に分かれますよね。

この両者の違いを理解することで、売れる人はさらに売れて、売れない人が売れるようになる、
本セミナーの目的はまさにセールスマインド・スキルの向上が目的です。

売れる考え方を身につけないと「セールススキル」は意味をなさない

セミナーの冒頭で必ず「売れない考え方を持っている人は何をしても売れるようにはならない」と伝えます。

売れる人は売れる考えを持ち、売れない人は売れない考えを持っているということです。

突然ですが、以前表紙を飾らせて頂いた「金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか」実は私のことです・笑

ABCマートに入りたての頃は金髪で口が悪いクソ販売員でした。

他のメンバーが10万円以上売っているのに、私はいつも2万円程度しか売れないダントツのビリ販売員でした。

なぜここまで売れなかったのか?理由は「売れない考え方」を持っていたからです。

その売れない考え方とは?

結果から逃げ、人や環境の責任にする」です。

接客をして売れないと店長に呼ばれて「どうして売れなかった?」と聞かれます。

このときに

・今日は見に来ただけみたいです
・フラッと立ち寄っただけみたいで
・土日来るっていってました
・下見みたいですね
・タイミングじゃなかったみたいで

こんな言い訳を繰り返して自己重要感は満たされるが1円も売上が上がらない習慣にいました。

あなたの会社や店舗にこんな営業マン・販売員・スタッフはいませんか?

セミナーの前半では、私の売れない販売員時代のキャリアを通して「売れない考え方していませんか?」
と投げかけるようにしています。

言い訳や愚痴を言っても売上は1円も上がらない、これが真実なのです。

ではどうしたらいいのか?

人や環境の責任に転嫁しない、ということです。

目の前のセールスの結果をすべて自分で受け止める、受け入れるということが大切です。

これはクライアント先での交流会を交えたセミナー(私が90分講義)の時のアンケートです。

売上が上がらないのは●●のせい・・・。と言いたくなる気持ちを理解した上でセミナーを行います。
そのため、グサッと刺さりながらも売れるセールスマインドに切り替えることができるのが特徴です。

今時セミナーをする際に上から押さえつけて厳しい言葉を投げかけるセミナーは時代遅れです。

働く営業マン・販売員・スタッフ1人1人が仕事に充実感を感じて、
もっと売上を伸ばしたい!というセールスマインドを養成しなければいけません。

「売らせる」→「売りたい」を育む、これが成田流営業・接客販売セミナーです。

「提案力よりも質問力」最先端のセールススキルを習得せよ

かつての新規顧客に売れれば良い、という押し売り覚悟の販売手法はSNS時代には全く向かない
すぐにネット検索され悪い評判がある時点で購入(契約)をしないからです。

これからの時代は顧客・会社の両者にとって幸せなセールスをする企業だけが生き残ります。
「売る」から「買う」へセールスはシフトします。

営業マンや販売員が高圧的に「売る」ことで情報のない顧客は渋々購入するのが当たり前でした。
一部の玄人以外は購入した商品の価値がわからないため納得せざるを得ない、顧客と販売側の関係がありました。

売れれば良い、がまかり通った時代です。

しかし、今のはほとんどの評判情報がネット上に公開されています。
顧客にとって必要な商品を売る行為以外繁栄の道がなくなりました。

本物のセールスパーソンだけが生き残る時代、です。

私のセミナーを通して得られるのはまさに「本物のセールスパーソン」になるための方法です。

受講生の成果を元に本セミナーで得られるものについてお話します。

得られる成果 プロセス
昨対比120%超 現状維持こそが衰退の一番の理由で、売り方・見せ方・提供の仕方をアップデートすることで行動の質が上がり売上アップします。
客単価アップ(複数契約) 売れる人は躊躇なく高額商品を勧めるのには自信があるから。この自信を手に入れるための先入観やマインドブロックを外します。
成約率アップ 提案型だとYES/NOで成約率が落ちます。質問型セールスに切り替えることでクロージングがほぼ不要になり成約率が上がります。
顧客満足度(CS)アップ 押し売りが全くなくなるので、顧客はストレスなく商品選択・検討できます。商品説明もわかりやすくなり満足度が上がります。
リピート・紹介率アップ CSを超えるCE(顧客感動)を創り出す適切な手順を学ぶことでリピート・紹介率を劇的に高めることができます。
固定ファン拡大 他社・他店に流れず、地域コミュニティで広告塔として活躍してくれる固定のファンが増えます。
精神的ストレス減 仕事のモチベーションを下げる一番の理由である「売れない」状態がないことでストレスから解放されます。
仕事が過去最高に楽しい 大好きなお客様に囲まれながら毎日楽しく働くことができます。
会社から必要とされる 固定ファンが多く売上安定しているセールスパーソンは会社からも重宝され経済的・精神的報酬が得られます。

得られる成果のすべては質問力から始まる

これからの時代は提案力よりも質問力が重要です。

理由は三つあります。

1)選択肢が多すぎてどれが自分(顧客自身)に合っているかわからない
2)顕在ニーズ(欲しいモノ)で商品を売ると価格競争になる
3)満足・不満ではなく確実に「感動」を創り出すことができる

これからの時代は強引に売る、ということが逆効果になります。

SNS時代のためこれまでは広まらなかった悪評は小さなミスでも広がる時代です。

顧客にとっても働く人にとってもストレス無く最善の選択肢にたどり着くことが求められている時代です。

これからの時代勝ち抜くためには働く1人1人が顧客の潜在ニーズを引き出し感動を創り出すことが重要で、
顧客に選ばれ続ける営業・販売員になることが必須です。

新規集客に時間とお金を使うことが効率的だった時代が非効率となり、来店(面会)するお客様1人1人が確実に
ファンになるようセールス設計・教育をすることが重要です。

本セミナーはそのキッカケ作りとしてこの上ない内容と確信しています。

セミナー・講演の概要について

見出し 概要
①売れる人と売れない人の違い 売れる人と売れない人のセールスマインド・習慣・スキルの違いについて成田自身の実体験を元にお話します
②自己成長を選択することの重要性 苦痛を選択するのか、快楽を選択するのか。売れるビジネスパーソンになるための思考と行動習慣形成
③現状維持は緩やかな衰退 需要>供給は同じことを繰り返すことでOK、今は需要<供給のため変わらないことが衰退のリスクになった
④売り方のアップデート 売り方・見せ方・提供の仕方を日々アップデートしていく習慣をみにつける
⑤自己成長を促す時間の使い方 売れる人は能力を高めることに時間を使い、売れない人は能力開発をしない
⑥各種ツールで自己管理を始めよう 売れる人になるための習慣形成ツールのプレゼント、運用の仕方まで教えます
⑦客単価・成約率・CSを同時にアップ 三つの指標のどこに集中することで目標達成するのが最善なのか
⑧成田式イメージングセールス術 提案型から質問型へ、新セールス手法をロープレを交えながら習得します
⑨質問力を開発することでトップセールスへ 質問力はセンスではなく、扱う商品やサービスをもとに高め、OJTで習得する

 

セールスに必要な野は”商品知識×質問力”のみ

商品知識がなければ話にならない、これはどの分野のセールスにおいても必須条件と言えるでしょう。

「お客様の方が詳しくて」の時点で売れるようになるわけがありません。

素人でも玄人でも対応できる高い商品知識を身につけ、
そこから生み出される質問がセールスの質を根本から変えます。

提案型のセールスや旧来の売り方に限界を感じていたらぜひ一度ご連絡をください。
私がセールスに向き合う姿勢や習慣を変えるキッカケを創ります。

そして今の時代にあったセールス術を体得して過去最高売上・利益を一緒に実現していきましょう。

ただ話を聞いて「良かった」では終わらず明日から何をすれば良いのかが明確にわかります。

セールス革命を一緒に起こしませんか?

講演時間 90~120分
講演料  25万円~(税金・旅費交通費別途)



基調講演会・セミナー講師依頼フォーマット
御名前  *
御社名  *
メールアドレス  *
講演希望テーマ
講演希望日・時間
開催場所(都道府県)
受講人数
その他質問  ※右下斜線部をクリックしながら広げると枠が拡張します